HOME>トピックス>矯正歯科で歯並びを治そう!体調不良からも解放される

矯正歯科で歯並びを治そう!体調不良からも解放される

歯型

歯並びが悪い人の為の治療とは

歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなります。噛み合わせが悪いことにより、頭痛がおこったり体調不良がおこったりするのです。歯並びの悪い人の治療はいろいろな方法があるのですが、例えば池袋の矯正歯科では、マウスピースを日常的に使用することで歯並びを矯正することをすすめています。

ワイヤー矯正とマウスピース矯正の特徴を比較

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、基本的にマウスピース矯正が効かなかった場合に行われます。矯正期間が長いのが特徴です。

マウスピース矯正

柔らかいゴムでできているマウスピースを日常的につけることで、歯の矯正を行います。歯へのダメージも減少させます。

目立たない治療が人気

例えば、池袋にある矯正歯科では、ワイヤー治療などの目立つ治療はできるだけしないようにしています。なぜなら、目立たない矯正が人気だからです。

歯並びが悪くなる5つの原因

治療

遺伝的要素

歯や顎の形や大きさなどが遺伝的要素で良くない場合または、生まれつき歯の数が少なかったり、多かったりする場合に歯並びが悪くなります。

口呼吸による

口呼吸をすることにより、口がいつも開いている状態になっていることが原因です。また、舌が前に押し出すような癖によることが原因の場合があります。

悪い癖による

子供の頃にやっていた横向き寝や爪を噛むことや指しゃぶりなども、歯並びが悪くなってしまう原因のひとつです。矯正歯科に行って原因を聞いてみるのもいいでしょう。

顎の発育不良

顎の発育は、よく噛むことで鍛えられます。よく噛まないで飲んで食べるような人は、歯並びが悪くなりやすいです。よく噛んで食べるようにしましょう。

歯周病による

歯周病は、あまり痛みを感じないので気が付きにくいのですが、歯がグラグラすることにより、知らないうちに歯並びが悪くなっている可能性があります。

歯並びを治して歯のトラブルを予防

歯並びが悪いと口内炎が頻繁におきたりします。歯並びを直すために、早めに矯正歯科へ行くことをおすすめします。

広告募集中