HOME>トピックス>美味しいものをちゃんと味わうにはインプラントが有効

美味しいものをちゃんと味わうにはインプラントが有効

院内

歯を失くすと体にも歯にも良くない

歯が失くなったことを放っておくと、歯の間からばい菌が入りやすくなり、体に良くありません。また、歯がないと噛む行為ができなくなります。そのため、脳が刺激されなくなり、記憶力の低下や高齢者の場合は、ボケにも繋がります。

インプラント治療を受けるメリット

医療器具

違和感なく噛むことができる

歯茎に人工の歯根を付けることで、その上につける人工の歯もしっかりするため、インプラントであっても本物の歯と同様に噛むことができるのです。

固いものを噛むことができる

インプラントの人工の歯は、本物の歯と同様にしっかりと固定されているため、固いものでも違和感なく噛むことができるのです。

見た目が本物の歯とかわらない

入れ歯や差し歯の場合、見た目が本物の歯と違うため、見た感じに違和感がある場合があります。しかし、インプラントの人工の歯は、見た目が本物の歯と変わりません。

隣の歯を削る必要がないこと

入れ歯などの治療では、隣の健康な歯を削って人工の歯を入れるような治療を行いますが、インプラントの場合はその必要がありません。

自信をもって笑うことができる

歯がない状態であると、笑うと歯がないことが目立つためなかなか自信を持って笑うことができません。しかし、インプラントにしたら自信を持って大きな口を開けることができるのです。

治療前に費用も確認すべき

インプラントは費用もそれなりにかかります。例えば、神戸のある歯医者では、1本35万円です。高価なものなので、治療前に費用は確認した方が良いでしょう。

保険診療と自由診療の違いとは?

保険診療とは

歯医者で保険診療となる治療は、一般的な虫歯の治療や、被せ物であれば銀歯であれば保険診療になるのです。

自由診療とは

歯医者の治療の内、インプラントは自由診療です。保険診療であれば、基本的に費用の3割負担になりますが、自由診療は10割負担です。そのため、費用が高くなるのです。

治療するときはしっかりカウンセリングも受ける

インプラントを入れる時などは、きちんとカウンセリングを受けましょう。例えば、神戸にある歯科医では、治療前だけでなく、治療後のカウンセリングも大切にしています。

広告募集中